北九州市小倉北区 デイサービス

北九州市小倉北区にあるアイビーデイサービスセンターは介護分野では初の心臓リハビリテーションを主とした通所介護事業所です

基本理念
HOME >  アイビーのご紹介  > 心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは?

心臓の病気をお持ちの方は、心臓をいたわるために安静な生活を続けたことによって、運動能力や体の調節の働きが低下しています。そのような状態で無理な活動を行うと、さらに心臓の発作を起こす危険性があるため、
どの程度活動してよいのかが分からず不安もあります。
心臓の病気の中でも、心筋梗塞や狭心症の原因は動脈硬化です。動脈硬化の進行を防ぐには、食事療法や
禁煙とともに、運動療法が有効であることが分かっています。
「心臓リハビリテーション」は、心臓専門の病院で、心臓病の再発を予防し、快適で質の良い生活を維持することをめざして開発されました。
心臓病の患者さんが、快適で質の良い生活を取り戻すために設けられた総合プログラムです。

心臓リハビリテーションではどのような効果があるのか?

心臓リハビリテーションではすでに様々な効果が証明されています。また、その安全性も
証明されています。
  • 活動能力が増す

  • 心臓病の症状が軽くなる

  • 精神面(不安、うつ)の安定

  • 動脈硬化の予防

  • 自律神経の適正化

  • 心筋梗塞の原因である血栓の予防

  • 心臓病の再発、再入院、死亡率減る

つまり、心筋梗塞や心臓手術後の患者さんが心臓リハビリを行うことにより、動作が楽になり、快適な生活を長く
続けることができるようになります。

運動療法プログラムの流れ

介護施設での心臓リハビリテーションとは

  • 心臓リハビリテーションとは?

    介護施設での心臓リハビリテーションとは

    心臓リハビリテーションのプログラムは3つの時期に分かれています。1期(急性期)は病院で行うプログラムです。2期は主に外来通院で行う社会復帰を目標としたリハビリです(回復期)。3期は維持期と言われ、在宅に戻った後で生涯を通じて自分で行うリハビリプログラムです。生涯にわたる快適な生活を目標においています。
    しかし、在宅に戻った後、なかなか自己管理でリハビリを行うのは難しく、高齢者の方や心臓病をお持ちの方が安心してリハビリが行える施設は少ないのが現状です。
    アイビーデイサービスセンターでは、介護認定を受けておられる方が介護保険制度を活用しながら、生涯にわたり快適な生活を送れるように個別の目標と運動強度が設定されます。

  • 運動の強さとは

    高齢の方、心臓病をお持ちの方が運動療法をする際に問題になるのが『運動の強さ』です。
    運動の効果は運動の強さが強いほど大きくなりますが、その反面、転倒・骨折や筋肉痛、疲労などの発生率が高くなり、心臓への負担も増えます。介護施設を利用される方の運動療法の目的は健康を維持することですから、最大能力の40~60%の強さの運動が適切とされています。

  • 運動の目標は

    目安として運動中の心拍数を用います。アイビーデイサービスセンターでは、ご利用者様の情報を元に、心臓リハビリテーション学会指導士である循環器専門医師・専門看護師による医療的な判断のもとで目標が設定されます。

  • 運動の内容は

    デイサービスを利用される方は、日常生活において様々な趣味や目標をもっておられます。その方々に合った日常生活を行う上での運動のプログラムを、医療スタッフと介護スタッフがチームを組んで計画します。ご利用者様個々での目標に沿うため、集団で行うリハビリテーションだけでなく、ご利用者様毎に運動内容を計画しています。

こんなお悩みありませんか?

積極的にリハビリをすすめられるけれど、病気のことが怖くて運動できない
リハビリをしたいけれど、どのようなリハビリをしたらよいかわからない
脳梗塞でリハビリをしたいけれど、高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病がある
足の冷えがあって、なかなか動けない
入浴したいけれど、危険だからという理由で入浴できない
  • 心臓が悪いから、お風呂に入れません

    お風呂の画像

    「心臓が悪いから」という理由で数年間入浴ができずに困っていらしたA様。当施設医師と主治医先生とですぐに相談させていただき、適切な管理で入浴が可能であるとの許可を頂き、無事に入浴ができました。今では元気に入浴されて、気持ちよく過ごされています。「心臓が悪い」という理由でお風呂に入ることができない方、ご相談に乗ります。

  • 仮面高血圧発見!

    仮面高血圧発見!画像

    当施設を初めてご利用されるB様。最初の訪問の際に血圧が200mmHg以上でびっくり!!すぐに横になっていただきました。その後も血圧はなかなか下がらず、今までに高血圧と診断されたことはないとの事、自宅でも血圧は測定していなかったとの事でした。血圧を繰り返し測定した結果、仮面高血圧が見つかりました。主治医先生に報告し適切な治療を行っていただき、お元気に過ごされています。大事に至らずによかったですね。

  • 「動けない」理由

    動けない理由の画像

    ご自宅では「きつい」との理由でほとんどベッドの上で過ごされていたC様。心臓病をお持ちのため、家族の方も不安を抱えておられました。当施設を利用され、心臓リハビリを行いましたが、運動しても心拍数は上がりません。実は心臓に負担となって動けないのではなく、不安から動かなくなったことで筋力が低下していたことが「動けない」理由でした。心臓病を抱えた方で、不安を抱えておられる方は是非ご相談ください。

  • 脳梗塞後のリハビリをしたいけれど・・・

    リハビリ画像

    脳梗塞で麻痺をお持ちのD様。リハビリをしたいけれど、どんなリハビリをしたらよいか分からないとお困りでした。当施設では、毎週医療スタッフと介護スタッフが集まり、利用者様の事についてカンファレンスが開かれています。脳梗塞のリハビリだけでなく、生活習慣病や趣味嗜好についても議題に上がり、D様の目標とそれに向けたプログラムが作成されました。

定期研修

アイビーデイサービスでは、皆様に安心して通っていただくため、医師の指導のもと、スタッフの定期的な研修を
行い、よりよいサービス、プログラムを提供できるよう努力を怠りません。
そのため、ケアマネージャーが安心して紹介、対応できる施設としてご愛顧いただいております。
定期研修2

アイビーデイサービスのご利用方法
についてご紹介致します。

アイビーデイサービスのスタッフ
をご紹介致します。

施設の一日のおおまかな流れを
ご紹介致します。

アイビーデイサービスのご利用方法
についてご紹介致します。